保育士の高収入求人は意外なところにもある

保育ママ、正式には家庭福祉員という仕事は、仕事などの事情で養育困難な子どもを保護者に変わって預かりお世話します。

保育ママの多くが基準が満たされた自宅などを保育所として利用しています。

自治体によって制度が異なりますが、保育士資格を取得していることが必須というケースが多いです。

個人とグループで開業するにも要件が分かれていて、収入は保護者からの保育料と自治体からの補助金になります。
保育士求人はいろいろな場所にありますが、保育ママの収入は保護者からの月額保育料と、自治体からの補助金も支払われるので、かなり高い部類に入ります。


例えば、東京都だと1人あたり自治体からの補助金が月額85、000円というところもあります。



これにプラスして保護者からの保育料が支払われるので、かなり高収入な仕事の部類に入ります。

なかなか高収入な保育士求人が見つからないという場合や、保育所などではなく開業して働きたいという場合は保育ママという選択肢もあるということを知っておくといいでしょう。

他に職業を持たずに保育に専念できることが応募要件に含まれています。

こういった開業の仕事をするのは良いことですが、まずは事前に保育としての力を身につけておくことが必要です。



資格を取得してすぐに個人で働き始めるというのは難しいので、まずは一般の保育所の求人で仕事を探して仕事を経験してみてから取り組んだ方がいいでしょう。
グループで募集している場合もあるので、見学させてもらうのも参考になります。