保育士の求人状況とは

近年、待機児童の問題が深刻となり保育園不足、保育士不足の状況が続いています。


保育士は、資格保持者は多いものの結婚や出産を機に退職し復職していない人が多かったり、賃金の問題で転職した人が多いことが不足の原因だと考えられています。

そんな中で、子どもと関わる仕事がしたいと願う人が増えていることも事実です。


しかし、資格はどのようにしたら取得できるのか、実際に求人はあるのか、就職は難しいのかなど不安を抱えて一歩を踏み出せずにいる人がいます。

そこで実際に、求人状況はどのようになっているのかをみていきましょう。
保育士は、正社員としてフルタイムで働く方法と短時間のパートタイムで働く方法があります。


今、現場で不足しているのは正社員としての雇用です。
保育士の正社員として勤務する上で気になる点は賃金です。



子ども達の命を預かる仕事は、責任感も重く精神的にも肉体的にも負担が多い仕事ですが、割に合わない賃金に不満の声が上がっている保育園も少なくありません。



必ずしも全ての保育園の賃金が低いという訳ではありませんが、求人を見る際には賃金の部分を確認し後にトラブルにならないように注意する必要があります。

保育士不足が深刻な今、求人は多くあり、内容や勤務時間、賃金や園の方針などを比べて自分にあった園を選ぶことが出来ます。



資格保持者だけでなく、これから資格をとって仕事を始めたいと思っている方もこれを機にどのような園が求人を出しているのか、実際に調べてみてはいかがでしょうか。